合宿免許と追加教習の保証制度

合宿免許と追加教習の保証制度

合宿免許では、技能試験や学科試験に落ちてしまったり、何らかの事情で、スケジュール通りに進んでいくことができなくなると、追加教習を受けることになり、最悪の場合、卒業までの日数が延びてしまったりすることがあります。


そうなると、追加の教習費用や宿泊費、食費などが発生することになります。

もちろん、合宿免許ではこのような費用を保証する制度も設けています。



たとえば、3日程度卒業までの日数が延びたとしても、費用が発生しないというものです。



しかし、これにはいくつかの条件があります。

一つは年齢制限です。

鹿児島県の自動車免許情報

多くの合宿免許では、25歳以下を保証するという年齢制限を設けています。それ以上の年齢の場合は、別途異なる保証が用意されていることが多いです。また、一生懸命努力しているのに技能不足で追加教習を受けなければならなくなったというのはなく、遅刻や体調不良、あるいは教習時間を勘違いして欠席したような場合は、この保証対象外となる可能性があるので注意が必要です。

このようなことがないように、合宿免許の期間中はしっかりと自己管理を行い、体調不良を起こしたり、遅刻したりすることのないように注意しなければなりません。


予想外に卒業までの日数が延びてしまい、途中で免許取得を挫折してしまうという人もいるようです。

しかし、これはとても勿体ないことです。

将来、運転免許がないと困ることも多いので、真剣勝負のつもりで、合宿免許に臨むようにしましょう。

Copyright (C) 2016 合宿免許と追加教習の保証制度 All Rights Reserved.